マインドフルネスSIMT相談員の認定講座

 

様々な精神社会問題が噴出しており、地域の人による、新しい支援のありかたが求められています。

「マインドフルネスSIMT相談員《(MSC)の講座を開始します。

 

http://blog.canpan.info/jitou/archive/4285

★精神社会問題

 

 

マインドフルネス瞑想療法士🄬は、精神疾患を治す支援もできる高度の専門家ですが、上記の問題には、それほどのスキルではなくて、実際行動できる人材が必要です。

 

マインドフルネス瞑想療法士🄬の講座

 

まず、4回の講座で、マインドフルネスSIMTの概要と基本的実践スキルを習得していただきます。

特に、地元、埼玉県には、マインドフルネスSIMTの支援者がすくないので、第1期は埼玉県の人に参加していただき、埼玉県内で新しい活動に参加していただきたいと思います。

なお、このスキルでは「治すための支援活動には上足であり、収入は期待できず、地域に社会貢献できるボランティア活動をすることで、新しい生きがいを得られるおつもりのかたが適任です。

 

そのために、受講料をごく低く設定いたします。

講座は、午前9:30~午後4時30分まで。 

受講料:4回で、4万円。(20ページくらいのテキストが20冊くらい配布されます。受講料に込み)

 

なお、この講座を受講後、将来、マインドフルネス瞑想療法士🄬の講座を受ける場合、受講料が割引されます。

 

★習得の後は、「マインドフルネスSIMT相談員《の資格で、上記の精神社会問題の支援のために、県内の他の関係団体と協働して活動していきます。

1)上記問題の関連団体と協働して相談を受けるが、MSCSIMTで扱う範囲の心理的なアドバイスや精神疾患などの治療への助言をする。必要な場合、医師やマインドフルネス瞑想療法士🄬につなぐ。

2)マインドフルネスSIMT心の健康体操を指導する。

 

 

★受講希望のかたが、一定数になりましたら、会場を予約して開始します。

ご希望のかたは、おなまえ、住所、電話、どこかの団体に所属のかたはその内容、

そして、平日、土曜、日曜のいつがよいか、メールでおしらせください。

   もちらへ ⇒ http://mindful-therapy.sakura.ne.jp/jimu/mail.htm

 

 

注)

 

マインドフルネスSIMTとは、自己洞察瞑想療法(SIMT)のことです。