Home

一般社団法人

 日本マインドフルネス精神療法協会

Japanese Association of Mindful Psychotherapy (JAMP)

 

*** 日本文化とマインドフルネス ***

日本には世界に発信できる深い霊性があった

世阿弥、芭蕉、利休、親鸞、道元、良寛、夏目漱石、田中正造、田宮虎彦、岡本かの子、川端康成、志賀直哉、遠藤周作、武者小路実篤、宮沢賢治、平塚らいてふ、永井隆、神谷美恵子、森田正馬、金子みすず、 高橋新吉、永田耕衣、片岡仁志、河井寛次郎、東山魁夷、高山辰雄、大山忠作、西田幾多郎、久松真一、西谷啓治、鈴木大拙、滝沢克己、井筒俊彦など。


 日本的霊性は現在の宗教で、庶民に教えることがなくなったと言われています(鈴木大拙、竹村牧男など)。 現代の宗教にはないが、深い自己存在=日本人に多く自覚されたので「日本的霊性」という。西田幾多郎の絶対無、人格的自己。
 この方向をすえたマインドフルネス心理療法で、心の病気が改善し、予防できます。自己を探求するからです。
 深い自己は、襌や念仏をしない人にも自覚されています。宗教をする人にも自覚されていません。 一部、秘密の室内で指導することもあるようですが、1億人中、苦悩しない5百人のものでしょう。そのような人は、苦悩して自殺などしません。苦悩する5千万人のものではありません。 いくら、すぐれているといっても、現実の苦悩する人を導かないのであれば、社会の苦を無視、傍観しているのですから、出離的です。社会で働く人のものとはなりません。秘密とされていますから、消滅しているかもしれません。しかし、5千万人もの人の苦悩を解決する「やさしい」手法は消え去っては困ります。
 日本人は多くの人が自己とは何か、どうすれば苦悩が解決するかを絶えず探求して、表現してきました。 西洋には多くない(ゼロでは」ありませんが)ということは、日本人の生活、精神構造が独特なのでしょう。
参考書:鈴木大拙「日本的霊性」角川ソフィア文庫

日本には上記のような先人の大切なものがあったのに、埋もれている

現代仏教は深い哲学を見失った(1)
現代仏教は深い哲学を見失った(2)

慈悲に欠けるのは仏教ではない
慈悲に欠けるのは仏教ではない
(誰を対象にするのか)

解説=上記のような厳しい批判・反省があるのは

人間というものを深く探求した人々

★宮沢賢治(童話、詩)
 =岩手県花巻、多数の史跡に行きました。

★明川哲也さん(創作家)
★金子みすず(詩)
 =仙崎、行ってみたい候補地。

★遠藤周作

★井上洋治

★志賀直哉(作家)
 =奈良、大山、尾道に足跡があります。城崎だけ行きました。

★川端康成(作家)
 =鎌倉に住居があります。外から拝見しただけ。

★高山辰雄(日本画)

★河井寛次郎
 =京都の住居、河井寛次郎記念館、行きました。

★東山魁夷(日本画)
 =善光寺の近くの「東山魁夷館」行きました。

★大山忠作

  ・ 

 

★ 田宮虎彦

★森田正馬
 =マインドフルネスに類似する森田療法を開発した精神科医

★澄める心
 =西田幾多郎の足跡はかなり訪問しました。石川県かほく市の生家跡、墓地、記念哲学館、移転前の書斎、無字のある小学校。鎌倉に住居がありますが外から拝見しただけ。

★円谷幸吉(マラソン選手)
 =生家を訪問してお兄さまにおあいしました。

★田中正造(国会議員・足尾鉱毒事件)
 =水没した谷中村跡地に行きました。

★心の川
★詩もどき


(リンク)

◆西田幾多郎のふるさと(石川県かほく市)
◆鈴木大拙館
(石川県金沢市)
◆中村元の故郷
(島根県松江市)
◆西谷啓治館
(石川県能登町)
◆宮沢賢治(岩手県花巻市)
◆高村光太郎(岩手県花巻市)
◆東山魁夷(長野県長野市)
◆神谷美恵子ゆかりの長島愛生園歴史館
(岡山県瀬戸内市)

◆田宮虎彦
・足摺岬文学碑
(高知県)
・岩手県花巻市鉛温泉
◆田中正造記念館
(群馬県館林市)
◆円谷幸喜
(福島県須賀川市)
◆遠藤周作文学館
(長崎県長崎市)
◆山陽新聞・「先人の風景」・岡山県
◆森田正馬の生家(高知県香南市)