Home

一般社団法人

 日本マインドフルネス精神療法協会

Japanese Association of Mindful Psychotherapy (JAMP)

 

設立趣意書

 

平成266

 日本では、毎年2万5千人以上の人が自殺しています。その半数はうつ病になっていたといわれています。従来の薬物療法や認知療法で治りにくいのは、非定型うつ病や軽症になってからのうつ病だと言われます。こうしたうつ病が長引きますと、仕事などに復帰できずに絶望して自殺に至るおそれがあります。

 こうしたうつ病であっても、最近の研究では、マインドフルネス精神療法で治ることもあることがわかってきました。マインドフルネス精神療法は、アメリカで開発されたものが多く、翻訳書が多数出版されています。しかし、日本ではまだ、実際の臨床に用いている専門家は多くありません。

 日本でも、坐禅を応用した呼吸法を中核とした手法で20年前から、うつ病の人の支援法が研究開発されてきました。そして、その手法が体系化され、自己洞察瞑想療法(SIMT:Self Insight Meditation Therapy )と名づけられました。 その手法は、アメリカのマインドフルネス精神療法と類似する点も多いですが、日本人にわかりやすいように工夫されたところもあり、日本独自のマインドフルネス精神療法と言えます。

 自己洞察瞑想療法(SIMT)は、最近の数年間に実際に臨床に用いられて、重症、中程度、軽症のうつ病でも、非定型うつ病でも改善することがわかりました。不安関連の精神疾患である、心的外傷後ストレス障害(PTSD)やパニック症にも効果がみられました。こうした精神疾患も長引くとうつ病を併発し自殺に至る心配があります。

 うつ病や不安関連の精神疾患を治すマインドフルネス精神療法は、1年の長期にわたる支援を必要としますが、 日本では、マインドフルネス精神療法を用いて、実際に改善支援をする専門家は多くありません。

 このような現状に鑑み、日本で開発されたマインドフルネス精神療法の専門家を育成し、うつ病の回復、自殺の防止に貢献する事業を行う法人を設立いたします。


マインドフルネスが考慮すべき重要な視点


 心理的ストレスでなったうつ病、非定型うつ病はマインドフルネス心理療(精神療法)で改善する人がいます。
 たとえ、薬物療法や第2世代までの認知行動療法で治らない人でも、第3世代のマインドフルネスの自己洞察瞑想療法(SIMT)で改善する人がいます。
 マインドフルネスSIMTは日本で開発された日本人にわかりやすいマインドフルネス心理療法です。手法は本で出版公開しました。その手法の背景にある哲学、心理学、神経生理学とうつ病などの現実の社会問題の神経生理学と心理現象を理解し、自らも実践者であるマインドフルネスSIMTの支援者が必要です。
 マインドフルネスは、知識(認知、思惟)レベルではありません。机上論(認知、思惟)が通用しない領域の心理療法です。自らも行為レベルのスキルを習得しておらず、読書のみで理解(思惟レベル)した支援者は、多様な様相を見せる現実のクライエントに的確なアドバイスができないでしょう。
 当協会は、希死念慮・自殺念慮を持つつらい患者さんの立場にたって、 マインドフルネス精神療法のスキルを持つ人であることを明確にして患者(クライエント)が安心して受けられる制度を作ることを目標にします。
 人間の深く広い意識現象を扱うマインドフルネスは、セラピー以外の広い領域に展開できます。 水平展開と垂直展開を視野に入れて研究開発していただきたいです。

宗教からの解放
「マインドフルネス」の手法は、2000年前の初期仏教にも、日本の坐禅にもあります。それを「宗教的マインドフルネス」と呼ぶことにします。
 しかし、だからといって、現代の社会の問題解決に応用する時に、そのまま適用することは必ずしも 適切ではないと考えます。・・・・・ ★続きを読む

★宗教と一線を画す=さまざまな分野の人がマインドフルネスの活用できるように
参考記事

現代仏教は深い哲学を見失った(1)

 

現代仏教は深い哲学を見失った(2)

 

現代の仏教は、一般在家の救済をせよという哲学 がない =千5百年前の大乗仏教は「慈悲」を強調したのに

 

慈悲に欠けるのは仏教ではないのに慈悲行がされ なかった

 

慈悲に欠けるのは仏教ではないのだが、 外部世界での適用方法を開発しなかった

(誰を対象にするのか)

 

中国、日本の 仏教は封建社会だったから、 外部の国民の現実問題には展開されなかった

 

インド大乗仏教は外部の社会への行動を強調し た、 その後の展開は外部とのかかわりがない =時代が大乗仏教の環境と違うので、現代の環境 にあうマインドフルネスが必要

 

初期仏教はダルマを実体化し、社会的問題の 応用をしないと大乗仏教から批判された

 

<ブログ>宗教的マインドフルネスと社会的マインドフルネ

<ブログ>マインドフルネスが社会的マインドフルネスになる ための5つの条件

 

 

 


★実践指針・西田哲学