Home

一般社団法人

 日本マインドフルネス精神療法協会

Japanese Association of Mindful Psychotherapy (JAMP)

 

*** 会員の種類 ***

 

★(D-1)マインドフルネス精神療法研究会の会員

 

 =マインドフルネス心理療法(SIMT)の講座がありますが、その研究を継続する集まり
 =他者を支援できる専門的スキルを習得した人、さらに継続の研究を。


 うつ病、不安症/不安障害などを改善できる深いマインドフルネス、意志的自己レベルのSIMTの講座を受けた、確かなスキルを持つマインドフルネス心理療法(SIMT)の専門家のネットワーク。(D-1)は、学級的研究会と実践中心。


★(A-4) 道元『正法眼藏随聞記』を読む会
=ジョン・カバット・ジンのMBSRの背景にあるのが道元。SIMTの背景にあるのも只管打坐の道元の実践法、それに西田哲学を加えたSIMT
西田哲学の実践は「至誠」だといいます。具体的にはどうするのか。この『正法眼藏随聞記』で学ぶことができます。具体的な行動です。
読書会は、3年ほど継続しています。あと数回で終わるので、メンバーを再募集し最初から読みます。

★(A-8)マインドフルネスSIMT友の会
=マインドフルネス、SIMTの情報が欲しい方。

★(D-2)マインドフルネス西田哲学研究会(マインドフルネス精神療法士のための中級講座)
 =マインドフルネスには、どの流派も哲学と実践の2つからなります。初期仏教は八正道、大乗仏教は6種の六波羅蜜としていましたが、中国襌から2つにまとめました。禅定と智慧です。「定慧 等学」という標語ができました。実践と哲学(理論)です。この中級講座は、日本的マインドフルネスの最も高度の哲学の講座です。大変難しいです。

★椿山心の健康クラブ
 継続的な予防的なマインドフルネス心理療法の学習とマインドフルネスの実習の会=マインドフルネス総合研究所の行事。主な参加者は、定年後の方や主婦。

★(M-1)マインドフルネス心理療法の専門家の育成講座
 埼玉では毎年6月から開始します
。 定員20名。受付中、定員になれば、受付を終了します。

 


★うつ病、不安症/不安障害、過食性障害などを改善したい方は、全国の SIMTのスキルを持つカウンセラーをご訪問ください。
⇒こちら
をご覧ください。