Home

一般社団法人

 日本マインドフルネス精神療法協会

Japanese Association of Mindful Psychotherapy (JAMP)

 

*** 自己洞察瞑想療法(SIMT) ***


自己洞察瞑想療法(SIMT)は、日本で開発されたマインドフルネス精神療法(心理療法)の一つ。 精神疾患の改善(セラピー)の段階(意志的自己レベルのSIMT)とそれを越えたマインドフルネス(叡智的自己レベルのSIMT、人格的自己レベルのSIMT)に接続しています。

SIMTは、薬物療法を受けながら並行して実践すると、よく改善しています。
非定型うつ病、PTSDなどにも改善効果がみられました。
薬物療法との併用をおすすめします。
治った後、希望者はさらに叡智的自己、人格的自己のSIMTで自己成長のトレーニングができます。

★マインドフルネスSIMTの全体展望

 

★マインドフルネス精神療法のSIMT・3段階   (文字化けの場合こちら)

 

★宗教と一線を画す=さまざまな分野の人がマインドフルネスの活用できるように
 宗教の思想や教え方は、狭い集団内の満足となり、一般の人の苦悩解決支援(慈悲の実践)を重視しなかった歴史がある

★エビデンス・SIMTの改善効果

★自己洞察瞑想療法(SIMT)の概要

★うつ病や不安関連の精神疾患を改善するためのSIMTは10段階

⇒10段階   ⇒ブログでも紹介

⇒自分を傷つける本音1   ブログで紹介

⇒本音と感情    ブロ紹介
    ⇒他者を傷つけるエゴイズ本音観察2  ブログ紹介

    ⇒マインドフルネスSIMTの59の手法

 

★さらに深い叡智的自己、人格的自己のマインドフルネス

     (人格的自己は宗教的レベル=死の問題、ターミナルケアの支援)

⇒意識作用・自己・マインドフルネスの階層(1)

⇒意識作用・自己・坐禅の階層(2)

 


★詳細、具体的な手法を記載した本

『うつ・不安障害を治すマインドフルネス―― ひとりでできる「自己洞察瞑想療法」』(著)大田健次郎、佼成出版社

『 不安、ストレスが消える心の鍛え方―― マインドフルネス入門』(著)大田健次郎、清流出版
病気でない人が行うマインドフルネス、または、病気でも深い精神にねざす可能性のある問題の解決へのマインドフルネス

★他の領域に貢献の可能性(水平展開)

 

★SIMTの活用

 

高齢者のための「マインドフルネス心の健康体操」

   ☆蓮田市立高齢者福祉センター実践実修

   ☆講座のある「マインドフルネス心の健康体操」